利用した利用レシート保有義務は。

解答から冒頭に言うと保存する重要な意味は特にないというのが解答です。

個人個人で保有することによって自らが使った履歴を保管しておきたいという場合であれば持っていればよいだし、逆に明細は無くても困らないと考えるのであれば残す理由はない。

しかしながら送られてくる明細書との確認作業の時においては絶対上述の利用レシートが必要となります。

その時までは所持していないと、どこの店で何月何日どれだけ使ったのか?というのが不明になるだけでなく、誤請求の他二重請求に関しての照合すら不可能になってしまうから危ないです。

おそらくクレカを使用した金額はレシートを保存していないと記憶しておくことはできないはずです。

理想的には利用履歴が届くひと月ふた月くらいの期間はきちんとレシートを無くさないようにするべきである。

明細レシート破棄の手段》クレカの利用レシート破棄手段は非常にシンプル。

第三者に不正使用されないよう、できるだけバラバラにちぎって廃棄するだけで大丈夫なのである簡単な裁断機が使えるならば念には念を入れて利用するほうが良いでしょう。

利用内容を証明しているレシートであるのだから、クレジットNo等機密情報の内容を特定されてしまう情報が入っているのです。

普通の明細レシートとは思わず、処分は気を抜かずに行うべきです。

尚、近頃は予防のため利用レシートにカードNoなどの個人を特定する情報が表記されていない場合も出てきているが安全と思い込むことは禁物と思われます。

Copyright © 2002 www.healthinsurance-site.com All Rights Reserved.