クルマを持っている方でしたら承知しているものですが、自動車税という税金を支払う義務があります。

それでこの税金は査定に出す愛車買い取りの際に当然のように戻ってくるお金なのです。

これって現実にやってみると直ぐに頭に入ってくると思いますが、それでは頭から順を追って出来るだけわかりやすく案内したいと思います当たり前ですが補足しておけば、国内販売されている車に限らずイタリア車でも税が還ってくることに決まってます。

当然ですが所有車なども当てはまります。

自動車税は自動車のオーナーが支払わなければならない税なのですが、車の排気量の大小で定められています。

1リッター以下のであれば29500円1リッターから1.5リッター以下までが34500円。

これ以上は500ccずつ5000円増加します。

そして自動車税は4月1日時点の保有者が、年度内の全額を納付するという決まりになっています。

要は先払いということなので、当然ですがクルマを買取してもらってオーナーでなくなった場合などは先に払った分の税金は戻ってくるんです。

自動車税は先払いで来年3月までの金額を支払いますから、その年度内に愛車を売却した際は入れ替わったオーナーがお金の納付義務を負うということになります。

買い取った相手が中古車買い取り専門店ならば、売却時に自分が払いすぎた税額を返金してもらえます。

所有権が移った日より後の税は新たなオーナーが払わなければなりません。

10月のうちにクルマを売った際は、11月以降翌年3月の間までの払った税金は返金されます。

というのも前述の通り自動車税というのは一年分を先払いしているという事実から来ています。

まとめるとあなたは買い取った相手に払いすぎたお金を返してもらうということになります。

個人で自動車を手放す場合、意外にこのような重要なことに気づかない人がいますためしっかり確かめるようにしなければなりません。

自動車税という税金は自動車の売却で還ってくるという事実を意外と知っている人がいない事を利用してその事実を悪用する業者もいます。

こちらから返金に関しての話題を出さなければ、一切返金のことについて言わないという場面もよく聞きます。

そのため自動車の買取をするさいには払いすぎた税金が返還されるか否かを聞くことをおろそかにしないようにしましょう。

Copyright © 2002 www.healthinsurance-site.com All Rights Reserved.