自賠責保険という保険は正式名称で自動車損害賠償責任保険通称自賠責保険と言われる保険です。

このような自賠責は属に、強制保険と呼ばれ、クルマを定期車検に通す際は、定められた車検期間に効力のある自賠責保険に加入していなければなりません。

つまりすべての自動車が加入する必要がある保険ということです。

ではその車に自賠責保険が付いた状態で売った際にはどうなるでしょうか。

自賠責保険は車検のときに更新する場合が多くあったりしますが、仮に強制保険に加入した自動車を売却した場合はその金額が返金されることはあまりありません。

なぜならば、自賠責保険の効力を一旦外して、保有者に入れ替えるのは少し手間がかかるのです。

ですから、自動車損害賠償責任保険は名義変更をした後にクルマと一緒に手放すことが基本です。

ただそれと同じだけの価格を商品代に乗っけてくれるのです。

自動車損害賠償責任保険の場合は自動車税と違って既に納めた保険額を月々で割り算した金額が返ってくるのではなく、見積額に上乗せという手段が使われるケースが普通なのですがこういった内容が見積書に明記される場合はほぼありません。

なので買取のときは自動車損害賠償責任保険の額が買取金額に反映されているかを注意する必要があります。

自分で納付した額がどれだけかということを頭に入れておけば、大丈夫です。

それぞれの自賠責保険の加入料金については契約期間によって異なるので、確認が必要です。

自動車の処分や廃車時には保険の名義変更をしましょう。

もしこれをしていなければ保険会社よりあなたに保険の満期の知らせが届くことになります。

売却を検討中の自動車がより正確に判断され高く売却されることを応援してます。

Copyright © 2002 www.healthinsurance-site.com All Rights Reserved.